かつて八百津は、木曽川上流で伐採した木材を筏に組む要所であったのと同時に、様々な商品も交易されていた地でもありました。
物資を川で運ぶことを「舟運」と呼びます。山国の特産物は黒瀬街道を人馬に背負われ、中継地の久田見を経て、木曽川の黒瀬湊へと運ばれ、舟に積まれて下流各地へと送られていました。
下りの一艘に載せられる荷物量は四六〇貫(約一七二五kg)で、炭、薪、氷、木材、コンニャク芋、お茶、生糸、雑穀であったとされています。

黒瀬街道は、八百津町の南を東西に流れる木曽川にあった黒瀬湊を起点に恵那へと至る昔の幹線道路です。その全長は約40.57km。八百津町の福地と久田見の中央を貫く大変利用度が高い生活道路でした。

寛文5(1665)年頃に木曽川の水運が始まると、その利用はますます高まり、三国の特産物や船を使い湊に運ばれた尾張地方の産物や生活必物資が黒瀬街道を東西南北に人馬によって運ばれて行きました。

昭和18(1943)年、兼山と八百津町和知に発電用ダムが建設されると黒瀬湊は川底に沈み、長い歴史を持つ舟運が幕を閉じると、馬の列が鈴を鳴らし往来した黒瀬街道も役目を終え、今ではわずかな区間にその面影を残すのみとなりました。

『街道・山村激坂ライド』

概要

八百津町の周りには、大きな街道である中山道黒瀬街道がありました。
中山道は、江戸日本橋から京都三条大橋を結ぶ五街道の一つで、岐阜県はその1/4を占める重要区間でした。その中でも八百津町周辺は、当時の様子を色濃く残す貴重な区間です。
また、黒瀬街道は、八百津町から中津川市を結ぶ当時の大切な生活道路でした。尾張方面からの上り荷、木曽方面からの下り荷が頻繁に運ばれ街道沿いは大変賑わっていました。
当時の人々が自らの足や馬で辿った道、景色を現代の「自転車」で巡ります。当時をしのび、目で、耳で、舌で楽しむツアーです。
※※※※※※※※※※※※
このイベントは、「令和4年度 農山漁村振興交付金」を活用させていただいての開催となります。
モニターツアー後の「ツアー報告会」開催時の、泊り家「あかね」への宿泊費用を全額補助させていただきます。
飲食に関わる費用に関しては、自己負担となりますので、ご了承くださいませ。
※※※※※※※※※※※※

開催日

2023年11月25日

参加費用

6300円※飲食代として(ツアー費用は、モニター体験なり、無料での募集となります。)※定員6名予定

スケジュール

距離約71km
獲得標高約1,350m
  • 8:30集合、ブリーフィング
  • 9:00スタート
  • 16:00ゴール

※昼食はなかのほう不動滝食堂にて※

********************************
詳細は近日公開予定
********************************

走行コース

服装・持ち物

スタート/ゴール及びルートは大変寒くなることが予想されます。寒さ対策は各自十分な準備をしてください。
昼食は食堂にていただきますが、道中で水分や軽食を取ることができる場所はほとんどありません。必要な飲み物、補給食は各自ご用意ください。
また、道中のパンク等のトラブルは原則ご自身での対応をお願いいたします。スタッフ等の修理対応を受けた場合は実費対応となります。
途中天気が急変する場合の備えも推奨いたします。

会場・集合場所

集合場所/泊り家あかねホームページ
https://tomariya-akane.co.jp

備考

※コースは経験者向けになります。
※1年以上の経験かつ100kmを6時間程度で完走できる方が対象になります。

体験料金には、宿泊料及び25日昼食夕食が含まれます。
道中の補給食や飲み物、おやつなどは各自でご用意をお願いいたします。
荒天中止
26日朝食はオプション(1,500円)になります。
各自で自転車保険は必ず加入してください(必須)